So-net無料ブログ作成
検索選択

レフレックスニッコール500mm F8(New) [カメラ : 紹介]

何故か、右耳下のリンパ腺?が腫れています。 (; ゚д゚)ヤベェ

こんにちは、おたふく風邪にかかった事のないNayutaです。

( TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF]は→こちら )
( AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)は→こちら )
( AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)は→こちら )
( Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8Dは→こちら )
( Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dは→こちら )
( Nikon LENS SERIES E Zoom 70-210mm F4は→こちら )


前々々回のバイクでカーナビの続きは、これまたまたいずれ書くとして……
すみません。m(_'_)m
今日も写真なんぞをUpしながら、所持しているレンズを紹介していこうかと………(゚Д゚)クワッ



初回になる今回は、タイトルにもありますように、「レフレックスニッコール500mm F8(New)」です。

このレンズ、今はもう新品では買えません( 生産終了品(T_T) )。私も中古で3万円弱で購入しました。恐らく、旧ミノルタ→コニカミノルタ→結局ソニー特許か何かで抑えられている為、ニコンからはオートフォーカスレンズとして復活する事もないかと思われます。(ホントかな?)

で、このレンズ、レンズと言ってますが、レフレックスの名が示す通り、鏡を使ってレンズの代わりとしています。天体望遠鏡でよくある、反射望遠鏡と同じ原理となっており、この原理を考えたのは、あの重力の法則を発見したアイザック・ニュートン(1642~1727)です。数学の微分積分もニュートンの発見(発明?)です。理科系の科目が嫌いな人にとっては、「まったく、余計な事しやがって!!」と言いたくなる人です。困ったもんです。
あっ……ニュートンの話はおいといて………\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...

さて、普通のレンズは光の屈折という現象を利用しています。光の屈折は、その光の色(波長)によって屈折率が異なる為、色収差等の様々な弊害が出ます。この為、普通のレンズは、凹凸のレンズを組み合わせたり、様々な材質のガラスを組み合わせて、その弊害を何とか修正しようとしているのです。でも、レフレックスレンズは、光の反射という現象を利用している為、色収差等の弊害が原理上発生しません(赤も青も緑も、光の反射の仕方は変化しません)。 それと、同じスペック(焦点距離、開放F値)のレンズを作った場合、レフレックスの方が小型(レンズ長)・軽量・低コストになるという特徴があります。
何か、良い事ばっかりのような気もしますが、このレンズとっても個性的な癖を持っています。その癖とは、
1.絞りが設定出来ない(今回紹介するレンズではF8から絞り込む事が出来ない)。
2.ボケがドーナッツ状になる。
等です。ボケがドーナッツ?実際にみて見ないと??という方もいらっしゃると思いますので、次の作例をご覧下さい。


Nikon D200
Reflex Nikkor 500mm F8(New)
ISO 320 カラーモードIII マルチパターン測光
絞り優先オート (1/160s-F8)




Nikon D200
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) (300mm域)
ISO 320 カラーモードIII マルチパターン測光
絞り優先オート (1/250s-F5.6)




一枚目の写真で、後ろのボケが輪になっています。これは、水面のキラメキではなく、池の上に桜の花びらが大量に落ちていて、その花びらがボケて光のドーナッツになっています。2枚目の普通のレンズ(70-300mmズームレンズ)で撮影した物と比べるとその違いが一目瞭然だと思います。この癖は効果的に使えば、個性的な写真になるのですが、一歩間違えると、ただウザイだけになってしまうのと、絞り調節が出来ない事から、レフレックスレンズは一般的に使用される事は殆どないようです。
でも、中古で3万円くらい(たとえ新品でも9万円ぐらい)で500mmの超望遠の世界が楽しめるのは、非常に嬉しい事だと思うのですが……ニコンさんには、是非マニュアルフォーカスでもいいので、再販してもらえればなぁと思います。
もう一枚、このレンズに×2のテレコンバータをつけて(500mm×2 = 1000mm)、月を撮ってみました。ニコンの現状のデジタル一眼レフでは、画角的に1500mmと同等になるので、下の写真ぐらいの大きさで月が撮影出来ます。


Nikon D200
Reflex Nikkor 500mm F8(New) + Kenko 2× TELEPLUS PRO 300 (合計1000mm)
ISO 1600 カラーモードIII マニュアル測光
マニュアル (1/125s-F16)

こちらにもう少し気合を入れて撮影した月の写真を掲載しました。

今日は、こんな所でございます。( ゚д゚)ノ


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

ama_cha

こんばんは
レフレックス・・ 、そういうレンズがあるのですね。
ドーナツの輪になる これは面白いですね。
色々と 難しいですが勉強になります。 

オシドリは鴨と違い 警戒心強くて 近寄れないはず・・
リスと同様に上手いですね、秘訣は流石です^^。

私も おたふく風邪ってかかってないです。
お大事に^^。
by ama_cha (2007-04-06 21:07) 

Nayuta

>甘茶さん
いつもnice & コメントありがとうございますm(_'_)m

撮影したオシドリは、もともとは動物園で飼育されたオシドリを放してやっているという事で、もともとこのオシドリは人には慣れているみたいです。
(写真のオシドリの足を見ると、識別用の足環が付いているのが分かります。写真撮る側からすると大変ありがたいオシドリです。

おたふく風邪、怖いですよね。お互い気をつけましょう!(^-^)/
by Nayuta (2007-04-08 00:09) 

こけもも:

はじめまして。
D200をお持ちなんですね。羨ましいです。
by こけもも: (2007-04-27 00:29) 

Nayuta

>こけもも:さん
nice & コメントありがとうございます。
こけももさんも、デジ一で写真撮っておられるんですね。
これからも、よろしくお願いします。m(_'_)m
by Nayuta (2007-04-27 22:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。