So-net無料ブログ作成
検索選択

携帯型ヘッドホンオーディオミキサー [バイク]

一ヶ月ほど、書き込みをしなかったのですが、久しぶりに記事を書こうとすると、So-netのシステムが若干バージョンアップされたみたいで戸惑っています。

こんにちは。Nayutaです。

zffDSC_0089s.jpg

最近バイク乗ってて思うのですが、昔に比べてヘッドホン等を使って音を聞く機会が増えて来ました。

1.無線(小型省電力トランシーバー)
2.GPSナビゲーション音声案内(PSP)
3.タンデム(二人乗り)して、タンデム者のiPODやウォークマンの音楽
4.携帯電話ハンズフリー通話

zffDSC_0091s.jpg
1列目:PSP(PSP-2000)+GPSアンテナ
2列目左から:FMトランスミッターAT-FMT6(audio-technica), WALKMAN NW-S706F(SONY), 小型省電力トランシーバーU-CEIVER(ICB-U700)2台(SONY)
3列目左から:Bluetoothハンズフリー通話対応携帯電話P902is(Docomo),FMラジオCR-LA60(AIWA),FMラジオSRF-F97V(SONY), BluetoothレシーバーDRC-BT15P(SONY),BluetoothトランスミッターTMR-BT10(SONY)


これらは当然それぞれヘッドホン出力端子を持っているので、バイクにのっていようがどうしようが、どれか一つの音しか聞く事が出来ません。そこで、これらの音声をMIXして一つのヘッドホンで聞く事が出来ないか?と考えました。

で、いろいろ調べたのですが…
1. ライドコム
2. バード電子 DJミキサー
3. バード電子 iPOD DJ Mixer
4. バード電子 マイクロミキサー(フィーダー)

1.は、意外と心引かれたのですが、意外ともう持っている物(無線)と互換性がない。Bluetoothで携帯電話のハンズフリー通話等の機能はもう出来るので、自分にとっては余計な機能が付いていて値段も高い。
2.入力が2つしかなく、抵抗とコンデンサー?だけで繋げているだけで、電源を持っていない為、入力された音量より出力音量が小さくなる。ボリュームは要らない。(ウエストバックに入れる予定なので、物を出し入れするときに勝手に音量が変わって欲しくない)
3.ボリューム以外は「2.」と同じ理由
4.これもボリューム。後、メーカーが作ったにしてはデカイ(自分の必要としている用途から考えて)。後、値段が高いかな…。

という事で自作する事にしました。OPアンプ使って加算回路作ってしまえば簡単なので、まずヘッドホン端子の仕様を調べます。

HP_CHのコピー.jpg

次に、ステレオ対応する為、1チップで2つのオペアンプを内蔵し、乾電池の電圧(3v~6vくらい)で動作可能なデバイス(IC)を調べると

hp_202.gif

ナショナルセミコンダクタ「LM358」が使えそうで、これを使って回路図を考えます。(タンデム走行の事を考え、同じ物を2つ作ります。) 電池の消耗を抑える為、音声信号の増幅率は1:2(入力された音声の2倍レベルで出力)とする事にします。音の大きさは、それぞれの音源(トランシーバーやウォークマン)側で行う事にします。また、音源は3つまで重ねる事が出来るようにします。


WS000002.jpg
WS000004.jpg


部品の購入ですが、こういう時に便利なのは、メイドさんとアニメとゲーム等がメジャーになってしまいましたが、やっぱり秋葉原(アキバ)です。

余計な物も一緒に買ったので、正確な部品代を調べていませんが、2台分で¥4000はかかっていないと思います。


それで、作成したのが、この記事の最初の写真の物です。中身はこんな感じです。

zffDSC_0090s.jpg

動作確認してみると、音がかなり歪んでしまっています。原因がオペアンプ「LM358」以外に考えられなかったので、「LM358」と互換性があり、予備で買ってあった、より高速演算が可能なNEC「μPC842」に取り替えると、少し低音が弱くなる傾向がありますが、iPODやウォークマンを繋げても問題ないレベルの音質になりました。電池(三洋のeneloopで実験)の寿命も、丸二日(48時間)連続で動作させても安定して動作します(オペアンプの増幅率を2倍に変更したので、電池の寿命については再測定中 2008/03/11)。

最初自分が思っていたよりも、少し大きめ(W60×H24×D120:長さがタバコの箱の1.5倍くらい長い)になりましたが、ほぼ満足出来る物が出来たと思います。


これを使えば、一人でバイクで走る場合、PSPのGPSナビゲーションの音声案内と、ウォークマンの音声を同時に聞く事が出来ます。また、Bluetoothハンズフリー通話対応の携帯電話があるので、ミキサーの出力端子にBluetoothのトランスミッターをつなげ、Bluetoothレシーバーのヘッドホン出力で音声を聞くようにすれば、携帯電話のハンズフリー会話対応も出来ます。
また、iPODやウォークマンに乾電池で動作するFMトランスミッターを繋げて、FMラジオを2つ用意し、今回作成したミキサーに繋げると、タンデムしている時に二人同時に同じ曲を聴きながら、さらに無線の音声も聞く事が出来るので、後ろに乗っている人と会話する時に、大声出して話しをする必要もなくなります。


以外と簡単に出来ますので、バイク乗っていて同じような悩みをお持ちの方、そうでない方も興味があれば、作成してみて下さい。

ただ、これと同類の物を作成し、それが原因で何か事故なり問題が発生しても、当方は責任を取りません。あくまで自己責任で行って下さい。


( OPアンプの増幅率を2倍に変更した為、一部修正を加えました 2008/03/11 )



nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 5

ガンバルおやじ

今回の内容はほとんど理解できませんでした~
運転中に外部の音が聞こえないと危ないので、くれぐれもご注意下さい。
by ガンバルおやじ (2008-03-10 05:27) 

甘茶

何がなんだか わからないです・・
凝ってられそうですね
by 甘茶 (2008-03-10 18:01) 

こけもも:

電池がエネループだという事しか理解できませんでした。
機器だけでも沢山お持ちなんですね。
by こけもも: (2008-05-16 00:22) 

さすらいライダー

私も同じ理由で思考錯誤しています。ビックスクーターのスピーカーから
ipodの音楽とレーダー探知機の音声をミックスして流したいのです。
で結果レーダー探知機をひとつ壊してしまいました、ただ単に音声をつなげても
音がなったもので…。できれば実線の配線図でおしえていただけないでしょうか?
by さすらいライダー (2008-07-12 09:15) 

おやじライダー

Nice!!
ほぼ同じ悩みです。

自分は小学生のラジオ作成の技術レベルです。よく分からないのですが4,8はOPアンプに繋ぐ。○に下線がプラス6Vアースがマイナス。でいいのでしょうか?
電池boxで実装されていますがバイクからの12Vインプットに変更するのはどうすればいいのでしょうか?別Blogで紹介されている12Vバッテリィboxを使っていますのでそれを活用したいんです。持っている機器はほとんど同じなんです。。
以下の商品は電源不要で2台分をカバーしているみたいですがアンプなしでは辛い気もしますがどうなんでしょうね。
http://www.electroharmonix.co.jp/art/splitmix4.htm

by おやじライダー (2010-03-06 11:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。